つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

BOOKSルーエで書肆侃侃房15周年記念短歌フェアがはじまりました!

BOOKSルーエで書肆侃侃房15周年記念短歌フェアがはじまりました!

フェア前期(2017年12月)

f:id:kankanbou2002:20171206171233j:plain

f:id:kankanbou2002:20171206171237j:plain

f:id:kankanbou2002:20171206171239j:plain

f:id:kankanbou2002:20171206171243j:plain

f:id:kankanbou2002:20171206171252j:plain

 

 

 

 

 

 

フェア後期(2018年1月)

 

 

 

 

都甲幸治 × 斎藤真理子トークイベント「世界文学のなかの韓国文学 ~いま、韓国文学がおもしろい!~」開催のご案内

「世界文学のなかの韓国文学 ~いま、韓国文学がおもしろい!~」

      都甲幸治 × 斎藤真理子トークイベント

 

日時:2017年11月28日(火)19時開演

場所:六本松 蔦屋書店(福岡市中央区六本松4丁目2−1 六本松421)

参加費:1000円

 「新しい韓国の文学」(クオン)、「韓国女性文学シリーズ」(書肆侃侃房)につづいて、 「韓国文学のオクリモノ」(晶文社)がスタート。最近でも『ギリシャ語の時間』(ハン・ガン)、『七年の夜』(チョン・ユジョン)が刊行されました。日本でいま、韓国文学が盛り上がりをみせています。パク・ミンギュの作品にいち早く賛辞を送り、注目してきた都甲幸治さんと、『カステラ』『こびとが打ち上げた小さなボール』など韓国文学の翻訳を手がけてこられた斎藤真理子さんをお招きして、「世界文学のなかの韓国文学 ~いま、韓国文学がおもしろい!~」と題したトークイベントを開催します。

 前半は新刊『今を生きる人のための世界文学案内』(立東舎)を刊行された都甲さんによって、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロをふくめた世界文学の状況を主に語っていただき、 後半にはその世界文学のなかでの韓国文学について話を展開していただきます。世界の文学のいまにご興味がある方、ぜひお越しください!!

f:id:kankanbou2002:20171102113545j:plain

*都甲幸治(とこう・こうじ)……1969年福岡県生まれ。翻訳家、早稲田大学文学学術院教授。著書に『今を生きるための世界文学案内』『世界の8大文学賞』『読んで、訳して、語り合う。都甲幸治対談集』(全て立東舎)、『21世紀の世界文学30冊を読む』(新潮社)、『狂喜の読み屋』(共和国)、訳書にディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(共訳、新潮社)、ブコウスキー『勝手に生きろ!』(河出文庫)などがある。

f:id:kankanbou2002:20171103111540j:plain

*斎藤真理子(さいとう・まりこ)……翻訳者、編集者。 訳書にパク・ミンギュ『カステラ』(ヒョン・ジェフンとの共訳・クレイン)、『ピンポン』(白水社)、『三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』(晶文社)、チョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』(河出書房新社)、ハン・ガン『ギリシャ語の時間』(晶文社)がある。

 

★イベントにお越しいただいたみなさん、ありがとうございました!!満席になりました。

f:id:kankanbou2002:20171129121400j:plain

f:id:kankanbou2002:20171129121611j:plain

f:id:kankanbou2002:20171129121638j:plain

 

★書肆侃侃房「韓国女性文学シリーズ」の新刊です!

f:id:kankanbou2002:20171102115331j:plain

『七年の夜』チョン・ユジョン 著/カン・バンファ 訳

ぼくは自分の父親の死刑執行人である。

いま韓国でもっとも新作が待たれる作家チョン・ユジョン待望の長編ミステリー死刑囚の息子として社会から疎外されるソウォン。その息子を救うために父は自分の命をかける――人間の本質は「悪」なのか?

2年間を費やして執筆され、韓国では50万部を超える傑作ミステリー、ついに日本上陸。「王になった男」のチュ・チャンミン監督に、リュ・スンリョンとチャン・ドンゴンのダブル主演で映画化され、日本でも公開が待たれる。 

2017年11月上旬全国書店にて発売。

歌集『眠れる海』刊行記念として、野口あや子さんと黒瀬珂瀾さんのトークイベントが開催されます。

歌集『眠れる海』(書肆侃侃房)刊行記念トークイベント&サイン会

野口あや子 × 黒瀬珂瀾

日時:2017年12月1日(金)19時から

場所:丸善名古屋本店1Fイベントスペース

定員:30名

参加費:500円(要予約)

*歌集『眠れる海』書誌情報は→

http://www.kankanbou.com/kankan/?itemid=821

f:id:kankanbou2002:20171020171013j:plain

『たべおそ』フェアが始まりました!

『たべおそ』vol.4刊行を記念したフェアが始まりました!

 

ジュンク堂書店吉祥寺店

f:id:kankanbou2002:20171020170101j:plain

 

f:id:kankanbou2002:20171020170109j:plain

f:id:kankanbou2002:20171020170121j:plain

 

ジュンク堂書店福岡店

f:id:kankanbou2002:20171116173614j:plain

f:id:kankanbou2002:20171116173639j:plain

f:id:kankanbou2002:20171116173656j:plain

 

湘南 蔦屋書店

f:id:kankanbou2002:20171020170205j:plain

f:id:kankanbou2002:20171020170216j:plain

f:id:kankanbou2002:20171020170221j:plain

 

枚方 蔦屋書店

f:id:kankanbou2002:20171024143518j:plain

台北駐日経済文化代表処台湾文化センターで、黄崇凱さんと西崎憲さんのトークイベントが開催されます。司会・通訳は、天野健太郎さんです。

台北駐日経済文化代表処台湾文化センターで、黄崇凱さんと西崎憲さんのトークイベントが開催されます。司会・通訳は、天野健太郎さんです。

f:id:kankanbou2002:20171020171817j:plain

台湾文学とタブー 愉快な台湾で政治や性愛を書くこと

ゲスト:黄崇凱(作家)、西崎憲(作家、翻訳家)

司会・通訳:天野健太郎(「カピバラを盗む」『13・67』訳者)

日時:11月11日(土)14時から(およそ1時間半)

会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(東京メトロ虎ノ門駅より徒歩1分)

定員:80名(入場無料、予約制。30分前開場、自由席)

 

黄崇凱(こう すうがい)

1981年1981年台湾・雲林生まれ。小説家。台湾大学歴史学部大学院卒後、出版社勤務(雑誌編集)。主な著作に、短編小説集『靴子腿(ブートレグ)』(2009)、長編小説『比冥王星更遠的地方(冥王星より遠いところ)』(2012)『壞掉的人(ビートニク。壊れちまった人)』(2012)。連作短編集『黄色小説(エロ小説)』(2014)で、台湾でもっとも権威のある『中國時報』開巻ベストテンに選出(80年代生まれ作家としては初)。『聯合文學』小説新人賞ほか、受賞多数。最新小説は『文藝春秋(文芸の栄枯盛衰)』。邦訳に短編小説「カピバラを盗む」(『たべるのがおそいvol.3』所収。台湾では単行本未収)がある。

西崎憲(にしざき けん)

翻訳家、作家、文学ムック『たべるのがおそい』編集長。訳書に『郵便局と蛇』コッパード、『ヴァージニア・ウルフ短篇集』『ヘミングウェイ短篇集』(ちくま文庫)、『第二の銃声』バークリー(創元推理文庫)など。編纂・共訳に『短篇小説日和』『怪奇小説日和』(ちくま文庫)など。共訳書に『ピース』ウルフ(国書刊行会)など。著書に第十四回ファンタジーノベル大賞受賞作『世界の果ての庭』(東京創元社)、『蕃東国年代記』(新潮社)、『ゆみに町ガイドブック』(河出書房新社)『飛行士と東京の雨の森』(筑摩書房)など。音楽インディーレーベル dogand me records と電子書籍レーベル〈惑星と口笛ブックス〉主宰。歌集『ビットとデシベル』も刊行(歌人名はフラワーしげる)。


ブックオカ2017で、書肆侃侃房としてイベントを二つやります。

ブックオカ2017で、書肆侃侃房としてイベントを二つやります。ぜひ、ご参加ください。

 

f:id:kankanbou2002:20171010175753j:plain

①文学ムック『たべるのがおそい』読書会

日時:2017年11月3日(金・祝)12:30~14:30(12時開場)

場所:Read cafe(中央区薬院2-2-33)

予約:info@kankanbou.com(書肆侃侃房)まで。

(1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号をお伝えください)

料金:1ドリンク付1000円(先着15名。要予約)

問合:info@kankanbou.com(書肆侃侃房)まで。

★ゲストとして、相川英輔さん(『たべおそ』vol.3執筆者)の参加が決まりました!

f:id:kankanbou2002:20171010175844j:plain

 

②染野太朗の「短歌読みます」 ゲスト:内山晶太さん(歌人)

日時:2017年11月11日(土)16:00~17:30

場所:六本松 蔦屋書店(中央区六本松4-2-1-2F)

予約:092-731-7760もしくは六本松 蔦屋書店店頭にて。

料金:1000円(先着30名。要予約)

問合:info@kankanbou.com(書肆侃侃房)まで。

<略歴>

◎染野太朗さん……1977年生まれ。福岡市在住。第一歌集『あの日の海』(2011年、本阿弥書店、第18回日本歌人クラブ新人賞)、第二歌集『人魚』(2016年、角川書店)。2015年度EテレNHK短歌」選者。

◎内山晶太さん……1977年生まれ。千葉県八千代市出身。1998年、「風の余韻」で第13回短歌現代新人賞受賞。2012年、第1歌集『窓、その他』を刊行。翌2013年、同歌集で第57回現代歌人協会賞を受賞。

f:id:kankanbou2002:20171010180137j:plain

図案は平野甲賀さんの特製ブックカバーです。

『たべるのがおそい』 vol.4刊行記念トークイベント 谷崎由依さん × 松永美穂さん × 西崎憲さん が青山ブックセンター本店にて開催されます!

『たべるのがおそい』 vol.4 (書肆侃侃房) 刊行記念

谷崎由依 × 松永美穂 × 西崎憲 トークイベント

お世話になっております、編集の西崎です。『たべるのがおそい』 vol. 4  は、またもやとてつもない充実振りで、毎号寄稿者諸氏が、編集意 図のようなものを軽々と越えてくるので、驚きの連続です。 今 号はとくに「緩さと鋭さはもしかしたら矛盾しないものなのか」などと いう感想を抱いております。
今回の刊行記念イベントは、二人の寄稿者、作家で英米文学翻訳者の谷崎由依さんとドイツ文学翻訳者の松永美穂さんをお迎えして、大小のさ まざまなことをうかがってみたいと思っております。
秋の週末の午後、 しばし御一緒しませんか。お待ちしております。

西崎憲

日程:2017年10月14日 (土) 14:00~15:30(開場13:30)

料金:1,350円(税込)

定員:50名

 ふるってご参加ください。