つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

釜山に行ってきました!

主に制作の仕事をしています。著者の原稿を本の形に作っていく毎日ですが、著者としても参加している本があります。たまたまテレビで観た韓国のエンタメニュースで一人のアイドルにハートをわしづかみにされてから8年あまり追っかけの日々。ついに好きが高じて、『ぐるぐるプサン2013』から著者として参加することになったのです!

ぐるぐるプサン 2013

ぐるぐるプサン 2013

  • 作者: 博多ガクガク堂
  • 出版社/メーカー: 書肆侃侃房
  • 発売日: 2012/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

初めての本ができてからあっという間に時はすぎ忙しい毎日。そんな中、久しぶりに友人とソウルへ遊びに行って心身ともに韓流になっているところへ、今度はぐるプサメンバーから釜山行きの誘いが。次のぐるプサを出すべく、久しぶりに行ってきました釜山、23日の旅。

 

自分たちのやりたいこと、行きたいところをメインに、あちこちをまわって、地図や情報に変更がないか、掲載店が今もあるかなどをチェック!エステを体験したり、人気の味を確認したり。地下鉄で移動したら、ひたすら歩いてぐるぐる。今回行ったお店はどれもハズレがなかったので、早く本に反映させたい!

f:id:kankanbou2002:20160730234914j:plainf:id:kankanbou2002:20160730234957j:plain

エンタメ班の私が外せないのは街角で見かける韓国俳優、アイドルたちの写真のチェック。いろんなジャンルの商品でキャラクターになることは人気のバロメーターなんですが、久しぶりに来て感じたことは、ずいぶんメンバー変ってる…そして、キャラクターのアイドル起用が減ってる。メインのアイドルたち(私のハートを盗んだ彼も)が入隊中というのも影響してるかな。

店も人気者も刻々と変っている韓国なのでした…。そして次のぐるぐるプサンを早く出さなくちゃと思ったのでした!

 

『ぐるぐるプサン』よりも先に、KanKanTripシリーズから少し落ち着いた釜山の本が出ます。『おとなの釜山 歴史の迷宮へ』。韓国に魅せられたご夫婦が何度も足を運んだ釜山と釜山から少し足を延ばして韓国南部への旅。観光スポットはもとより、悠久の歴史を刻む寺やバラエティ豊かな各地の名物料理など、夫婦それぞれの視点でていねいに綴った本になってます。韓国ドラマ好きのお二人なので、ちょこちょこドラマシーンもでてくるとこも私的にうれしい。ぜひ釜山の新しい旅のお供にどうぞ!(黒木)

おとなの釜山 歴史の迷宮へ (KanKanTrip14)

おとなの釜山 歴史の迷宮へ (KanKanTrip14)