つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

道下さん、リオパラリンピックおめでとう!

リオパラリンピックの女子マラソンでみごと銀メダルに輝いた道下美里さん。

リオから帰国したときは、福岡空港に押しかけてみんなでお出迎え。彼女は「おかえりなさい。おめでとう」と歓声を上げるラン仲間に「リオにいるときに不安で気持ちが負けそうになったときも、応援してくれるみんなのことを思い出して『私にはみんながついてるから、きっと勝てる!』と自分に言い聞かせました。本当にありがとうございました」と、あの素敵な笑顔で言ってくれ、応援している私たちの胸にぐっとこみ上げるものがありました。

私がみっちゃんこと道下さんに初めて会ったのは2年前。著書『走ることで人生が変わった』で取材させていただいているときでした。市民ランナーのさまざまな想いを聞いて回っているある日見つけたのは、FBに上ってきた萩往還を走っているみっちゃんの動画でした。私はみっちゃんのまぶしいほど美しい笑顔に惹きつけられました。横で伴走しているのは樋口敬洋さんでした。大濠公園でいつも練習している歯医者さんの樋口さんがブラインドランナーの伴走をされているという話は聞いていましたから、「わぁ、この方がみっちゃんなんだ」と、思わず声を上げました。なんとキラキラした笑顔で走っているんだろうと。目が不自由なのにいつも笑顔で楽しそうに走り、周りの人を明るい気持ちにさせてくれる可愛いランナー、みっちゃん。実際にお会いして、ますますファンになりました。

みっちゃんは、膠様滴状(こうようてきじょう)角膜ジストロフィーという病気を小学4年生のころに発症。手術を何度か受けましたが、視力は徐々に落ちてきて、25歳のときには視力のほとんどを失いました。途方に暮れ、後ろ向きの日々を送っていたみっちゃんを前向きにしてくれたのは盲学校で出合った走ることでした。「走ることが後ろ向きの日々から脱出させてくれました。見えない私の日常生活の壁も乗り越えさせてくれました」。私がお会いした頃のみっちゃんは、萩往還70キロを完走し、大阪国際女子マラソンを走り、新たな目標として、リオデジャネイロで初めてできるかもしれないと言われているパラリンピックの盲人女子マラソン出場を目指して練習に励んでいるときでした。そして今回、その念願を伴走の堀内規生さんとともに達成して、みごと銀メダルに輝くという快挙に! 本当に苦しい練習に耐えて、その栄冠を手にしたみっちゃんには、日本中、いや世界中の人々が大きな勇気をもらいました。みっちゃん、おめでとう! 感動をありがとう!

 

いっしょに走ろう

いっしょに走ろう

 
走ることで人生が変わった: ランナー27人の生き方

走ることで人生が変わった: ランナー27人の生き方

 

 

f:id:kankanbou2002:20160926170300j:plain

f:id:kankanbou2002:20160927112041j:plain

f:id:kankanbou2002:20160926170048j:plain