つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

『(仮)ヴィラ・アーク設計主旨』著者の家原英生さんによるトークイベントが福岡天狼院にて開催されます。

『(仮)ヴィラ・アーク設計主旨』著者の家原英生さんによるトークイベントが福岡天狼院にて開催されます。

f:id:kankanbou2002:20170620143455j:plain

日時:2017年6月28日(水)19:30~21:30

定員:30名

参加費:一般価格:1,500円 / プラチナクラス価格:750円 *別途1ドリンク+『(仮)ヴィラ・アーク設計主旨』(書肆侃侃房)の購入が必要になります。既にお持ちの方は当日ご持参ください。

会場:福岡天狼院

「家原さんはなんと今作が初めての小説執筆とのことで、ご自身で様々な工夫をされながら作品を仕上げていったとのことです。一級建築士・大学講師というお仕事をされながら、どのようにして執筆のお時間を確保したのか。エクセルを使用した、家原さん独自の「理系的プロット整理術」についてもじっくりお伺いしたいと思います」(天狼院サイトより)

詳細は、福岡天狼院のサイトをご覧ください。

http://tenro-in.com/event/37455

【著者プロフィール】家原英生さん

1956年東京都生まれ。福岡市在住。 福岡県立修猷館高校、九州大学工学部建築学科卒業。一級建築士。日本建築家協会認定登録建築家。九州大学九州産業大学非常勤講師。 2009年、2010年グッドデザイン賞、2010年 福岡県美しいまちづくり建築賞大賞、2011年 大村市都市景観賞、2012年 福岡市都市景観賞、他受賞。 2016年「(仮)ヴィラ・アーク設計主旨 VILLA ARC(tentative)」で第62回江戸川乱歩賞最終候補。