つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

劉暁波さん末期の肝臓がんのニュースで、代表の田島がインタビューを受けました。

中国の民主活動家である劉暁波さん末期の肝臓がんのニュースで、代表の田島がインタビューを受けました。ぜひ、お読みください。

「彼の詩には同志のような存在である妻への強い愛があることはもちろんですが、世界の人々への思いを愛の詩で代弁しているところもあります。人間が人間を支配する悲しみ、怒りが、愛の詩に託されている」

「残念ではありますが、このような形で劉氏に注目が集まっている今こそ、劉氏が詩に託したメッセージを多くの人に受け取ってほしい。詩の力を信じたいですね」

www.buzzfeed.com

『詩集 牢屋の鼠』の書誌情報は→

http://www.kankanbou.com/kankan/?itemid=556

f:id:kankanbou2002:20170628185824j:plain