つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

書肆侃侃房 新聞・雑誌掲載情報(2017年8月)

長崎新聞(8月1日) 『子らと妻を骨にして』

《長崎原爆で妻と3人の子どもを失った長崎の俳人、故松尾あつゆきさんと家族を描いた漫画『子らと妻を骨にして』が被爆72年となる8月9日、発刊される。〔……〕戦時中、不自由な中でも家族に囲まれ穏やかに暮らしていた日々、8月9日の夜に焼け野原で妻子を探し回った様子、自ら家族を火葬したこと、大けがを負った長女みち子さんの体験などが丁寧に描かれている》

f:id:kankanbou2002:20170801171114j:plain

・読売新聞(8月4日) 『子らと妻を骨にして』

《松尾が原爆投下後の焼け野原で家族を捜し回り、自ら火葬するなどした体験を漫画で紹介し、重傷を負った長女のみち子さんの手記に基づく物語も掲載。3日に長崎市役所で記者会見した平田さんは「漫画を通じて、若者や子育て世代など幅広い年代の人に原爆の恐ろしさを知ってほしい」と話した》

大分合同新聞(8月13日) 『子らと妻を骨にして』

長崎県在住の漫画家・奈華よしこが、原爆の脅威に翻弄されながらも強く生き抜く家族の物語を漫画で再現。心に響く一冊を完成させた》

f:id:kankanbou2002:20170817150037j:plain

朝日新聞(8月14日) 『子らと妻を骨にして』

《松尾さんと親子3代はどう原爆と向きあったか。そんな家族の物語が、やわらかなイラストと句でつむがれる。〔……〕執筆にあたっては、俳句をちりばめながら、松尾さんの内面を描くことに努めた。長女みち子さんとその子、平田周さんがそれぞれの視点で原爆と向きあう姿も描き、原爆と家族3世代の物語に仕立てた。〔……〕「漫画にすることで、より広い層に触れてもらいたい」と話す》

www.asahi.com

マガジン航(8月17日) 「福岡の出版社、書肆侃侃房の挑戦」(積読書店員ふぃぶりおさん)

「街」で出版をすることの意味、その矜持と覚悟を垣間見ることができた。ローカルという意味での「まち」が、今後の出版や書店に携わるものにとってのキーワードになること(事実なっていること)は間違いない。田島さんがおっしゃった「楽しくないことはつづかない」という台詞が耳から離れない。ネット書店、そして電子書籍の「時代」になっている現状ではあるが、ひとの手のぬくもりを介した商業形態も生き残っていくことを、私自身は強く願っている。業界の暗さを嘲笑する声ではなく、具体的にかつ楽観的に(ただし現状は冷徹に判断したうえで)「本を読む場」と「本を手に入れる場」が提供されるために、諦めることのない“声”を上げ続けたい》

福岡の出版社、書肆侃侃房の挑戦 « マガジン航[kɔː]

 ・ポルトガル便り(第53号) 『ポルトガル物語』

イベリア半島の端っこの小さな漁師町は最高に素敵な舞台だった。極楽市場に集うのは、人と花と笑う犬。〔……〕愛しく切なく、かけがえのない日々》

f:id:kankanbou2002:20170818135852j:plain

西日本新聞(8月18日) 『別府フロマラソン』

《別府の歴史に関する内容も盛り込まれ、読めばかなりの「別府事情通」になれる一冊。〔……〕澤西さんは「別府は小説を超えるほどのおかしな街。別府の人は当たり前のように思っているが、それが魅力になっている。別府にささげる作品です」と話す

f:id:kankanbou2002:20170818183206j:plain

毎日新聞(8月20日)「カバーデザイン」 『別府フロマラソン』

《表紙カバー(装画:藤沢さだみ)には、血の池地獄別府ラクテンチなどの名所が湯煙に浮かぶ。「ミャア」の一声でマラソンスタートを告げるネコのメイの姿も》

f:id:kankanbou2002:20170821174330j:plain

・CREA(2017年9月号) 『優しい嘘』

《母と姉妹2人、裕福ではないものの平穏に暮らしてきたはずだったある日、妹のチョンジが遺書も残さず突然自ら命を絶った。家族に関心の薄かった姉のマンジも妹の死の理由を探り始め、チョンジがいじめにあっていたと知る。その頃、いじめっ子の少女、ファヨンも実は精神的に追い詰められていて……。少女たちの心の揺れをほろ苦く描く韓国文学》

f:id:kankanbou2002:20170825171228j:plain

・CREA(2017年9月号) 『ひとさらい』

《ひとは言葉によって自由になれる気がします》

f:id:kankanbou2002:20170825170505j:plain

図書新聞(9月2日)評者=渡辺直紀さん 『優しい嘘』

《人と人のつながりの重い相関を、作者は軽快かつ明快な文体で描いていく。チョンジの死に遭いながら、母親や姉のマンジはつねに前向きで快活なのも、この手の物語では特異だ。そう考えると、現代韓国のヤングアダルト=青少年小説とは、その昔の教養小説のように世界の不条理を前提としていながらも、主人公の成長や克己よりは、なにか別の高みを目指しているのかもしれない。そのような、現代韓国のヤングアダルト小説の現住所を考えさせてくれるのが、この作品である》

f:id:kankanbou2002:20170825165919j:plain

現代詩手帖(9月号)「うたの聴こえるところまで」評者=野口あや子さん 『白猫倶楽部』

《社会の枠組みや意味づけの重力からくるりくるりと猫のように身をかわす言語感覚が美しい》

f:id:kankanbou2002:20170828185623j:plain

朝日新聞(8月30日) 『別府フロマラソン』

別府温泉をめぐる巡る架空のレースなどを通じて、ユーモアたっぷりに地域の魅力を書き下ろした》

f:id:kankanbou2002:20170831105311j:plain