つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

谷川俊太郎さんから劉霞さんへ、返歌が(田島安江)

谷川俊太郎さんに

劉暁波詩集『独り大海原に向かって』と

劉霞詩集『毒薬』をお送りした。

『毒薬』に「無題―谷川俊太郎にならって―」

という作品があったからだ。

 

そうしたら、思いがけなく、谷川さんから

「劉霞に」という素晴らしい詩が届いた。

この詩集を読んですぐ書いてくださったのだ。

劉霞さんがこの詩を読まれたら、きっと涙を流して喜ばれるだろう。

いつか、そんな日が来ることを心から願っている。

 

春霞を眺めながら、しみじみと、二人の詩を読んだ。

 

「無題―谷川俊太郎にならって―」(劉霞)

うんざり
 
もううんざり 見えるだけで歩けない道
もううんざり 汚れた青空
もううんざり 涙を流すこと
もううんざり いわゆるちり一つない生活
もううんざり 偽りのディスクール
もううんざり 植物が萎むのも
もううんざり 眠れぬ夜も
もううんざり 空っぽのレターボックスも
もううんざり すべての非難も
もううんざり 言葉の失われた歳月も
もううんざり 鳥かごも
もううんざり 私の愛も
もううんざり 身についた「緋文字」も もう
 
もううんざり

            (2016年9月)

 

 

「劉霞に」(谷川俊太郎

 
言葉で慰めることも
励ますこともできないから
私は君を音楽でくるんでやりたい
どこからか飛んで来た小鳥の君は
大笑いしながら怒りを囀り
大泣きしながら世界に酔って
自分にひそむ美辞麗句を嘲笑い
見も知らぬ私の「無題」に
君の「無題」で返信してくれた
そうさ詩には題名なんてなくていい
生きることがいつもどこでも詩の題名
一度も行ったことのないところ
これからも行くことはないところ
国でもなければ社会でもない
そんな何処かがいつまでも懐かしい
茶碗や箸や布団や下着
言い訳やら噓やら決まり文句
そんなものにも詩は泡立っている
君のまだ死なない場所と
私のまだ死んでいない場所は
沈黙の音楽に満ちて
同じ一つの宇宙の中にある
              (2018年3月)