つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

文学ムック『たべるのがおそい』vol.5(書肆侃侃房)刊行記念 たべおそ読書会・編集長つき

文学ムック『たべるのがおそい』vol.5(書肆侃侃房)刊行記念 たべおそ読書会・編集長つき

<日時> 2018年5月18日(金)19:00~20:30

<会場> 青山ブックセンター本店

<料金> 1350円

<定員> 50名様

おかげさまで『たべるのがおそい』も5冊目が刊行されました。

刊行記念として空気のよい場所で催しをしたい!ということで、青山ブックセンター本店で、読書会を開催していただく運び となりました。

通常のイベントもいいのですが、読んでくださる方のお話もうかがいたいと思い、今回は読書会という形式を選びました。小生も一読者として参加いたします。

5月の金曜の夜、文芸について大いに語りあいましょう。お待ちしております。

『たべるのがおそい』編集長 西崎憲

 

【プロフィール】西崎憲(にしざき・けん)

文学ムック『たべるのがおそい』編集長、翻訳家、作家。訳書に『郵便局と蛇』コッパード、『ヴァージニア・ウルフ短篇集』『ヘミングウェ イ短篇集』など。小説に『世界の果ての庭』『蕃東国年代記』『ゆみに町ガイドブック』『飛行士と東京の雨の森』など。歌人フラワーしげるとして歌集『ビットとデシベル』あり。電子書籍レーベル〈惑星と口笛 ブックス planet-and-whistle.com〉 主宰。