つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

『ちるとしふと』刊行記念 千原こはぎ × 嶋田さくらこ トークイベント&サイン会

『ちるとしふと』(書肆侃侃房)刊行記念 千原こはぎ × 嶋田さくらこトークイベント

日時:2018年5月13日(日)14時から

場所:ジュンク堂書店滋賀草津店(草津市大路1-1-1 ガーデンシティ草津地下1F)

参加費無料/イベント終了後サイン会有り

【千原こはぎ】大阪生まれ。現在滋賀県在住。イラストレー ター・デザイナー。中学生の頃、祖母の影響で短歌と出会う。2010年7月からTwitter上での作歌を開始。「短歌な zine うたつかい」編集部、超結社の歌会「鳥歌会」を主催、合同短歌集などの企画・制作や、短歌朗読など、さまざまな短歌関連の活動を行っている。2018年4月、第一歌集『ちるとしふと』刊行。

【嶋田さくらこ】1975年滋賀県生まれ。95年京都府立大学女子短期大学部国語科卒業。ファッションアドバイザーとしてアパレル会社勤務後、家業の洋品店を継ぐ。2005年に洋品店を廃業し、新聞販売店へ転業。10年1月に作歌を始める。11年9月から「短歌なzine うたつかい」を企画し、編集長として7名の編集部員とともに発行している。2013年12月、第一歌集『やさしいぴあの』刊行。

f:id:kankanbou2002:20180420142403j:plain