つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

「文学の夜間飛行  滝口さんは短歌、読みますか?」(伊波真人×滝口悠生)を開催します!!

『ナイトフライト』刊行記念

「文学の夜間飛行 滝口さんは短歌、読みますか?」

伊波真人×滝口悠生

 

f:id:kankanbou2002:20180611185223j:plain

出演:伊波真人、滝口悠生

時間:15:00~17:00(14:30開場)

場所:本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)

入場料:前売1500円

伊波真人歌集『ナイトフライト』が反響を呼んでいます。

歌集としては異例なことに発売から1カ月にして重版に。

帯文を寄せた堀込高樹さん(KIRINJI)は「洒脱なタッチで見慣れた事柄を新鮮なものに変えて描き出す」と評しました。

今回B&Bでは、『ナイトフライト』刊行を記念してイベントを開催します。

お相手としてお迎えするのは、作家の滝口悠生さん。

『ナイトフライト』を一緒に読み解いていただくとともに、短歌と小説の形式のちがい、現在の文学的な状況、お二人の作品の背景にあるポップカルチャーについても縦横無尽に語っていただきます。

当日は滝口さんに短歌を披露していただけるかも!? ぜひお越しください!!

 

<登壇者プロフィール>

■伊波真人(いなみ・まさと)

1984年、群馬県高崎市生まれ。埼玉県さいたま市在住。早稲田大学文学部卒。大学在学中に短歌の創作を始める。2013年、「冬の星図」により第59回角川短歌賞受賞。「早稲田短歌会」を経て、歌人集団「かばん」会員。

滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)

小説家。1982年東京都生まれ。2011年「楽器」で新潮新人賞を受けデビュー。2015年『愛と人生』で野間文芸新人賞、2016年『死んでいない者』で芥川賞。他の著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』『茄子の輝き』『高架線』。


f:id:kankanbou2002:20171208121707j:plain