つれづれkankanbou

福岡の出版社「書肆侃侃房」の日々をつづる。

8月9日を忘れないために

 今年も8月9日がやってきた。被爆72年。松尾あつゆきさんの原爆句が心をよぎる。先週訪れた長崎市立図書館では、山端庸介生誕百年記念写真展が開かれていた。長崎に原爆が投下された翌日の8月10日に市内に入り、写真撮影をした人だ。日本軍のカメラマンで当時の写真はモノクロ。そのとき、福岡の画家山田栄二も同行、詳細なメモをとっている。モノクロ写真は、真っ黒に焼け焦げた写真だったり、崩れ落ちた瓦礫の山だったりするのだが、山田のコメントによって、そこに赤い血の跡、焼けてくすぶる建物の赤い炎などの色彩が加わり、イメージが広がっていく。米軍が長崎に入り撮影したのは1カ月もあとのことで、そのころにはいくらか、崩壊した道路や線路、建物が少しずつ片付けられていて、生々しさは減っている。

 写真をみながら、思いは、初めて読んだ『原爆句抄』へと戻っていった。この衝撃的なタイトルの自由律俳句の数々に心をつかまれた私は、『原爆句抄』の復刊を決意することになった。ここから、著者で俳人の松尾あつゆきさん、原爆に遭いながらも一人だけ助かった長女のみち子さん、その長男、平田周さんとの長い旅が始まった。

 

 炎天、子のいまわの水をさがしにゆく

 あわれ七ヶ月のいのちの、はなびらのような骨かな

 まくらもと子を骨にしてあわれちちがはる

 なにもかもなくした手に四まいの爆死証明

 

 この句集の復刊で何度か長崎を訪れたとき、実は、平田さんの希望は英語版をつくることだと聞かされていた。生前、あつゆきさんは、手記を英文にしてあり、それが残っていたのだ。英語教師でもあった祖父あつゆきさんの希望をなんとしてでも叶えてやりたい、それが平田さんの強い願いだった。英語版にして、全世界の人に原爆の悲惨さを伝えたい。それが、理不尽に命を絶たれた、妻と三人の子へのオマージュであり、心に秘めた悲願だった。もちろん、残された数枚の英文だけでは本にならない。英語版の一冊の本にするには、もっと多くの英文が必要だ。

 考えられたのは、英語版にするための物語が必要だろうということ。で、平田さんに、この句集のほかに、もう一冊、平田さんがわかるかぎりの家族の物語を書いていただけませんか、といってみた。おりしも、その年、被爆70年の節目でもあった。わずか2年前のことなのに、はるか昔のことのように思える。本など書いたことのない平田さんに無謀な要求をしたのはわかっていたが、それぐらいの覚悟がなければ、とも思ったのだった。平田さんは見事にその思いに応えてくれた。さすが、松尾あつゆきの孫である。

 こうして、2015年の8月9日、『このかなしき空は底ぬけの青 消せない家族の記憶1945・8・9』ができあがった。

 それでも、英語版は右から左というわけにはいかない。英語版を出版してくれる欧米の出版社を探さなければならない。

 私はあきらめたくなかった。では、どうすれば実現するか。次に思いついたのは漫画にすることだった。漫画なら、出版してくれる欧米の出版社がみつかるかもしれない。そうだ、長崎に知り合いの漫画家がいる。奈華よしこさん。彼女とは長い付き合いだったが、このところ、あまり描いてはいないらしい。彼女に、まず読んでみて、と、この二冊の本を送った。そしてもし漫画にしてみたいと思ったら、知らせて、と伝えた。

 彼女は泣きながら読み、漫画にしてみようと、思ったと手紙が届いた。特にみち子さんの思いを共感したといってくれた。平田さんと一緒にお会いした。彼女は、全部手描きなので時間がかかる、といわれた。つまり、パソコンを使わないのだ。

 少しずつネームが届き、さすが漫画というページが仕上がっていく。何度かの打ち合わせのあと、きれぎれに原画が届いた。8月9日を目前にして、一冊にしあがった本を前にしたとき、みんなで作り上げたという、言葉にはできない達成感があった。

 みんなの努力は報われ、形になった。

 漫画本のタイトルは『子らと妻を骨にして 原爆でうばわれた幸せな家族の記憶』。あつゆきさんの家族は平田さんの孫まで数えれば5代目である。平田さんでさえ、若いときは、「祖父や母の原爆への強い怒りや主張をほとんどわかっていなかったと思う」といわれる。だからこそ、後世に伝えなければ、と。

 私に平田さんとの橋渡しをしてくれたのは橋場紀子さん。そして、打ち合わせはいつも喫茶「ニューポート」。訪れるたびに特別の予約席を提供してくださるマスターの坂口末之さんは、私と同学年。今では同志のような存在である。

 

 広島の8月6日、長崎の8月9日は、私たちにとって重く切ない日である。

 

f:id:kankanbou2002:20170809191756j:plain

 <書誌情報>

・『原爆句抄』松尾あつゆき

・『このかなしき空は底ぬけの青 消せない家族の記憶1945・8・9』平田周

・『子らと妻を骨にして 原爆でうばわれた幸せな家族の記憶奈華よしこ/原著 松尾あつゆき・平田周

『別府フロマラソン』刊行記念トークイベント「別府は小説より奇なり!」が開催されました!

『別府フロマラソン』(書肆侃侃房)刊行記念トークイベント「別府は小説より奇なり!」が冨士屋ギャラリーにて開催されました。著者・澤西祐典さんとカモシカ書店店主・岩尾晋作さんによる対話には、30名ほどの方が参加されました。

第七回別府八湯検定試験の別府会場ではサイン会も行われました。

 

 

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!

f:id:kankanbou2002:20170808130528j:plain

 

f:id:kankanbou2002:20170808130547j:plain

「そうだ!ポルトガルへ行こう2017Summer」が開催されました!

「そうだ!ポルトガルへ行こう2017Summer」がSOOO dramatic!にて7月29日(土)に開催されました!

書肆侃侃房は『光の街、リスボンを歩く』『リスボン 坂と花の路地を抜けて』『ポルトガル物語 漁師町の春夏秋冬』などを販売していました。

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。

f:id:kankanbou2002:20170804093054j:plain

f:id:kankanbou2002:20170804093058j:plain

f:id:kankanbou2002:20170804093109j:plain

f:id:kankanbou2002:20170804093114j:plain

f:id:kankanbou2002:20170804093136j:plain

f:id:kankanbou2002:20170804093141j:plain

f:id:kankanbou2002:20170804093147j:plain

f:id:kankanbou2002:20170804093205j:plain

写真はボランティアの山澤さんによるものです。ありがとうございます!!

「湯~園地」で新刊『別府フロマラソン』を販売してきました!

「湯~園地」で新刊『別府フロマラソン』を販売してきました!

f:id:kankanbou2002:20170803122837j:plain

f:id:kankanbou2002:20170803122902j:plain

 *『別府フロマラソン』(澤西祐典)の書誌情報は→

http://www.kankanbou.com/kankan/index.php?itemid=809

書肆侃侃房 新聞・雑誌掲載情報(2017年8月)

長崎新聞(8月1日) 『子らと妻を骨にして』

《長崎原爆で妻と3人の子どもを失った長崎の俳人、故松尾あつゆきさんと家族を描いた漫画『子らと妻を骨にして』が被爆72年となる8月9日、発刊される。〔……〕戦時中、不自由な中でも家族に囲まれ穏やかに暮らしていた日々、8月9日の夜に焼け野原で妻子を探し回った様子、自ら家族を火葬したこと、大けがを負った長女みち子さんの体験などが丁寧に描かれている》

f:id:kankanbou2002:20170801171114j:plain

・読売新聞(8月4日) 『子らと妻を骨にして』

《松尾が原爆投下後の焼け野原で家族を捜し回り、自ら火葬するなどした体験を漫画で紹介し、重傷を負った長女のみち子さんの手記に基づく物語も掲載。3日に長崎市役所で記者会見した平田さんは「漫画を通じて、若者や子育て世代など幅広い年代の人に原爆の恐ろしさを知ってほしい」と話した》

 

朝日新聞(8月14日) 『子らと妻を骨にして』

《松尾さんと親子3代はどう原爆と向きあったか。そんな家族の物語が、やわらかなイラストと句でつむがれる。〔……〕執筆にあたっては、俳句をちりばめながら、松尾さんの内面を描くことに努めた。長女みち子さんとその子、平田周さんがそれぞれの視点で原爆と向きあう姿も描き、原爆と家族3世代の物語に仕立てた。〔……〕「漫画にすることで、より広い層に触れてもらいたい」と話す》

www.asahi.com

 ・マガジン航(8月17日) 「福岡の出版社、書肆侃侃房の挑戦」(積読書店員ふぃぶりおさん)

「街」で出版をすることの意味、その矜持と覚悟を垣間見ることができた。ローカルという意味での「まち」が、今後の出版や書店に携わるものにとってのキーワードになること(事実なっていること)は間違いない。田島さんがおっしゃった「楽しくないことはつづかない」という台詞が耳から離れない。ネット書店、そして電子書籍の「時代」になっている現状ではあるが、ひとの手のぬくもりを介した商業形態も生き残っていくことを、私自身は強く願っている。業界の暗さを嘲笑する声ではなく、具体的にかつ楽観的に(ただし現状は冷徹に判断したうえで)「本を読む場」と「本を手に入れる場」が提供されるために、諦めることのない“声”を上げ続けたい》

福岡の出版社、書肆侃侃房の挑戦 « マガジン航[kɔː]

 

 

パルコブックセンター吉祥寺店さんにて『東京の森のカフェ』のパネル展が開催中です!

パルコブックセンター吉祥寺店さんにて『東京の森のカフェ』のパネル展が開催中です!7月末までの期間、ぜひお立ち寄りください。

 『東京の森のカフェ』、そのほかの書店さんでもご好評いただいております。

 

  

f:id:kankanbou2002:20170801170801j:plain

 

f:id:kankanbou2002:20170801170831j:plain

ブックファースト新宿店さんです。

書肆侃侃房 新聞・雑誌掲載情報(2017年7月)

西日本新聞(7月9日)「論説委員の目」(岩田直仁さん) 『牢屋の鼠』

《巧みな暗喩で権力による抑圧と暴力への怒りが織り込まれている。〔……〕田島さんは劉氏の詩に「人が人に支配される悲しみと怒り」の声を聞くという。私たちにもきっと聞こえるはずだ》

f:id:kankanbou2002:20170728144650j:plain

神戸新聞(7月16日) 『聖地サンティアゴへ、星の巡礼路を歩く』

f:id:kankanbou2002:20170728122449j:plain

婦人公論(8月8日号) 文学ムック『たべるのがおそい』

《私たちの誰もが抱えている苦手なこと、ちょっとした弱点や欠点を無かったことにせず、軽やかに受けとめ直していこうとする試みが、ここに文学として豊かに実現されているのだ。応援していきたい》

f:id:kankanbou2002:20170728122327j:plain

・波(7月号)「サイン、コサイン、偏愛レビュー」(瀧井朝世さん) 『あひる』

f:id:kankanbou2002:20170817120926j:plain

大分合同新聞(7月26日) 『別府フロマラソン』

「非日常が日常である別府を描きたかった」「地元の人には知っている場所の魅力を改めて感じてもらい、他県の人には別府の面白さを知り、興味を持ってほしい」との著者・澤西祐典さんのコメントが紹介されています。

f:id:kankanbou2002:20170728120610j:plain

朝日新聞(7月27日)「担当記者が選ぶ注目の論点」 「劉暁波のこと」(田島安江

《妻を思う詩から、最後まで非暴力で戦った劉氏の主張を読み解いた》

www.asahi.com

朝日新聞(7月27日)「論壇委員が選ぶ今月の3点」(遠藤乾さん) 「劉暁波のこと」(田島安江)

《非暴力を貫きながら、あくまで言論で自由と民主を希求した彼の感性、妻へのあふれんばかりの思いの一端に触れることができる》

www.asahi.com

西日本新聞7月28日) 「劉暁波が伝えようとしたもの」(田島安江)

劉暁波は言葉の人であった。共産党一党支配に異を唱え、民主化を訴えてきた。〔……〕私は何度も読んだ彼の詩集『牢屋の鼠』を開く。詩は彼の精神と思想の根幹をなしていると思う》

f:id:kankanbou2002:20170728120435j:plain

 ・世界日報(7月30日)評者=増子耕一さん 『優しい嘘』

《緻密な構成で、細部の表現がリアルで見事。庶民の貧しい暮らしぶりにも現代の韓国社会が映し出されている》

f:id:kankanbou2002:20170817120715j:plain